ノコギリヤシサプリメントの効果効能

ノコギリヤシとクランベリー

ノコギリヤシは古くから滋養強壮、利尿促進の目的で使われてきました。
一方、クランベリーは日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では泌尿器系の病気に効く果物として 重宝されています。

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシは北米で自生するヤシ科の植物です。
ノコギリに似た鋭い棘のある葉を持ち、 濃い赤色をした実がなります。
ノコギリヤシは滋養強壮や利尿促進目的で北米先住民の食用や、中国では漢方に、そしてヨーロッパでは医薬品として使われてきました。
有効成分は脂肪酸類と植物ステロールで、 前立腺肥大症の頻尿トラブルなどの症状緩和や、男性型脱毛症の改善に効果があります。
女性の薄毛、抜け毛の改善にも有効です。
しかし前立腺に絡んでいない尿トラブル、女性の尿に関するトラブルには効果がありません。

クランベリーの成分

日本では生のクランベリーはあまり見かけませんが、欧米では非常にポピュラーな果物です。
アメリカでは生のクランベリーを砂糖と一緒に煮詰め、感謝祭の休日に七面鳥と共に提供するのが定番になっています。
その他にもクランベリーを使ったデザート、ジュース、ジャムなどが日常的に出回っています。
生のクランベリーは酸味が強く、そのままでは食べられないので通常、砂糖と一緒に調理します。
クランベリーはアントシアニン、ビタミンC、プロアントシアニジン、アルブチン、キナ酸、ケルセチンなどの成分を含みます。

クランベリーの効果

アントシアニンは抗酸化作用があり活性酸素を除去し、老化防止に働きます。
フラボノイドの一種のケルセチン、プロアントシアニジンも抗酸化作用と抗菌作用を持っています。
ビタミンCは風邪の予防、美肌効果、アルブチンはシミ、ソバカスの原因のメラニン色素の生成を抑制し、美白効果があります。

泌尿器系トラブルに有効なキナ酸

キナ酸も強い抗酸化作用があり、体内で馬尿酸に変化し、膀胱炎や尿路感染症などの泌尿器系のトラブルに効果があります。
これは単にキナ酸の働きだけでなく、クランベリーの有効成分の相互作用により、泌尿器系トラブルの改善に働くのではと考えられています。

ノコギリヤシとクランベリーの使い分け

男性の前立腺肥大症が原因の頻尿トラブルにはノコギリヤシが有効です。
一方、女性の尿トラブルではクランベリーがおすすめです。
クランベリーは果物ですので、副作用もなく、サプリメントと一緒に食べても問題がありません。
また、美白効果もありますので、女性にとっては強い味方の果物です。
勿論、男性もノコギリヤシと一緒にクランベリーを食べても問題ありません。