ノコギリヤシサプリメントの効果効能

ノコギリヤシ、リジンそれぞれの効果

近年、健康食品やサプリメントが数多く出回っていますが、それぞれの効果、特徴を知った上で、ほんとうに自分に必要なものを選びたいものです。
最近人気上昇中のノコギリヤシと、必須アミノ酸のひとつであるリジンについてそれぞれの効果をご紹介します。

ノコギリヤシの効果

ノコギリヤシは北米大陸に自生するヤシ科の一種で、ノコギリに似た鋭い棘のついた葉が特徴的なところからノコギリヤシと名付けられました。
ノコギリヤシの歴史は古く、北米先住民が食用としてその実を食し、中国では利尿剤として漢方に使われてきました。
ヨーロッパでは医薬品として使用されています。

前立腺肥大症、男性型脱毛症の予防、改善効果

前立腺肥大症および男性型脱毛症の原因は強い男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関係しています。
男性ホルモンのテストステロンは男性らしい骨格や筋肉、バイタリティー溢れる精神力や男性機能の維持に重要な役割を担っています。
このテストステロンは、体内に存在する5α-リダクターゼという酵素によってより強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されます。
ノコギリヤシには植物ステロールの一種のβシトステロールや脂肪酸であるオレイン酸が含まれ、これらの成分が5α-リダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンが増えるのを阻止するため、前立腺肥大症および男性型脱毛症の予防と改善に効果があります。

リジンとは?

人の体は、たんぱく質を合成する20種類のアミノ酸で構成され、中でも体内で作る事ができず、食品から摂らなければならない9種類のアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれます。
リジンはその必須アミノ酸のひとつです。
リジンはリシンとも呼ばれ、牛乳の中から発見された必須アミノ酸の中でも特に不足しがちなアミノ酸です。
人の体のたんぱく質の中には2〜10%のリシンが含まれています。
アミノ酸はバランス良く摂取する事が大切で、どれかひとつでも欠けると全体の働きが悪くなり、逆にどれかひとつだけ多く摂ってもうまく働きません。

男性型脱毛症、抜け毛、薄毛の予防、改善効果

リジンはジヒドロテストステロンが原因となる男性型脱毛症をはじめ、男女を問わず、さまざまなタイプの薄毛、抜け毛の予防、改善に効果があります。
この効果を利用し、育毛用にリジンが配合されているサプリメントも出回っています。

その他の効果

リジンは男性型脱毛症以外にも疲労回復、肝機能改善、脳卒中予防、免疫力向上、集中力を高めるなどの効果が認められています。

リジンを含む食品

リジンはサバ、カツオ、牛乳、チーズ、豆腐、豆類、肉類などに多く含まれています。
WHOによるリジンの一日の推奨摂取量は成人で体重1kgあたり30mgです。
たとえば豆腐100gには500mgのリジンが含まれています。
リジンが不足すると慢性疲労やめまい、肝機能の低下などが起こる可能性があり、過剰摂取すると胃腸障害を起こす可能性があります。
食品からの過剰摂取の危険性はありませんが、サプリメントは用量を守る必要があります。

妊娠中、授乳中の各サプリメントは?

ノコギリヤシは妊娠中、授乳中の方は摂取を控えるべきで、リジンも食品からの摂取は問題ありませんが、サプリメントの摂取は控えた方が良いといわれています。

ノコギリヤシとリジンはどちらも男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関与する男性型脱毛症の予防と改善に効果があります。
ノコギリヤシはサプリメントで、リジンは食品を中心に不足しないように摂りましょう。