ノコギリヤシサプリメントの効果効能

ノコギリヤシと前立腺の関係

北米に自生するノコギリヤシはヤシ科の一種の植物で、古くから北米先住民がその果実を食用に利用し、滋養強壮、利尿に効果があるとされてきました。
ノコギリヤシ についてはまだ研究中で解明されていない部分が多くありますが、これまでのところ、複数の臨床研究によりノコギリヤシは前立腺肥大症の症状改善に期待できるということがわかってきました。

前立腺肥大症の症状

前立腺は栗の実ほどの大きさで膀胱の下に位置し、前立腺液の分泌と排尿の役割を果たしています。
前立腺肥大症は肥大した前立腺が膀胱を圧迫するため、頻尿、尿道や会陰部の不快感、残尿、尿漏れなどがあり、症状が進行すると膀胱内の結石や血尿、尿が出なくなる尿閉の原因にもなります。
 
前立腺肥大症は50歳以上の男性に多くみられ、発症の原因はまだ完全には解明されていませんが、加齢による男性ホルモンのテストステロンの減少が関係していると考えられています。
加齢に従いテストステロンの生成量が減ると、前立腺は不足したテストステロンを血中から取り込むように働きます。
すると前立腺内に存在する5αリダクターゼという酵素が、血中から取り込まれたテストステロンをより強力なジヒドロテストステロンというホルモンに変えてしまいます。
このジヒドロテストステロンが前立腺の細胞を増殖、肥大化させ前立腺肥大をひきおこします。

ノコギリヤシの有効成分と前立腺

ノコギリヤシの果実には、βシトステロールという植物ステロールの一種である成分が含まれています。
この成分は、5αリダクターゼの生成を抑制する働きがあり、テストステロンがジヒドロテストステロンに変わることを防ぎ、前立腺肥大防止に効果を発揮すると考えられています。
実際、複数の臨床試験でノコギリヤシには頻尿、排尿困難、残尿感など、前立腺肥大症の症状の軽減が見られたとの報告があります。
ただし、ノコギリヤシは他のハーブと一緒に摂取すると効果がないとされていますので、症状の改善にはノコギリヤシ単独での摂取が好ましいです。

ノコギリヤシの注意すべき点

ノコギリヤシに即効性はなく、効果が出始めるまで通常1〜2ヶ月程度を要します。
副作用は軽度な胃腸障害、吐き気、めまい、頭痛、高血圧症などがあり、消化器系の疾患のある方や高血圧症の方は摂取に注意が必要です。

ノコギリヤシは前立腺肥大の症状を改善しますが、前立腺肥大症の進行抑制の効果はまだ確認されていないので、定期的に医師の診断を受けることをおすすめします。
また、知っておきたいノコギリヤシを使用できる年齢についても参考に合わせてご覧ください。